先進シーズ研究への研究助成 イムラ・ジャパン賞

第1回 イムラ・ジャパン賞(IMRA JAPAN Award)受賞者発表

第1回 先進シーズへの研究助成 イムラ・ジャパン賞(IMRA JAPAN AWARD)の募集に多数の応募をいただき有難うございました。
2017年1月23日 選考委員会を開催、厳正なる審査・審議を行い同賞受賞者を下記研究者・研究テーマとして選考いたしました。

テーマ募集分野

微生物の産業利用に関する研究(医療・薬剤を除く)

受賞者

五十音順

研究者名 所属機関名・職名 研究テーマ名
押木 守
長岡工業高等専門学校
環境都市工学科 准教授
ヒドラジンをエネルギーとして生産する
 新規な窒素含有排水処理法の開発
川﨑 了
北海道大学大学院工学研究院
環境循環システム部門 教授
現地の微生物を利用した
 新しい地盤固化技術の実証
寺本 真紀
高知大学 総合科学系
複合領域科学部門 准教授
深海魚の表面に棲む細菌が生産する
「異種細菌の増殖を促進する物質」の解明
宮本 憲二
慶應義塾大学理工学部
生命情報学科 准教授
PET分解酵素の活性向上に関する研究

テーマ選考委員会

委員長 山口栄一
京都大学大学院 総合生存学館 思修館 教授
委 員 鳥光慶一
東北大学大学院工学研究科 ファインメカニクス専攻 教授
委 員 宮田 満
日経BP社 特命編集委員 (株)宮田総研 代表取締役
委 員 安藤正夫
イムラ・ジャパン(株)取締役社長
委 員 牛来直樹
イムラ・ジャパン(株)グループマネージャー
  • 第1回イムラ・ジャパン賞受賞者(前段)と選考委員(後段)

応募状況

応募総数 17件

研究情報